会社概要

  • 名称      有限会社 角仲林業 

  • 所在地       埼玉県秩父市大滝963(本社)  埼玉県秩父市大滝4014-2(なめこ栽培所)

  • VISON       秩父の森林と人が仲良くつながる社会へ

  • MISSION      秩父の森林と人との仲だち役

  • VALUE         柳緑花紅(りゅうりょくかこう、やなぎはみどりはなはくれない)

  • 会社設立    1984年(昭和59年)9月1日法人成り 創業は1976年(昭和51年)3月23日

  • 事業内容    なめこ生産・販売、森林経営受託 

  • 役員    代表取締役:山中浩義 取締役会長:山中敬久 専務取締役:山中智史

  • 資本金        2000万円

  • 取引銀行    日本政策金融公庫 東和銀行 武蔵野銀行 埼玉縣信用金庫 JAちちぶ

  • お取引先様(敬称略)   (株)ベルク、コープデリ、JA全農青果センター東京、東京千住青果(株)、東京荏原青果(株)、(株)菩提樹、(株)かつ吉、(株)大島屋、山麓亭、(株)新しい村、丸宮食品(株)、(株)山のせ

 

事業内容

​なめこ生産事業

森林環境事業

 

角仲林業は江戸の時代より、ここ秩父大滝で杉と檜(ひのき)を主に木材の生産と販売を行っています。2019年夏、最先端の技術であるドローンレーザーとドローン画像による精密林業計測を行いました。山の詳細な地形や立木の状況を従来よりもはるかに短時間・低コストでデジタル化でき、保有する森林資産の情報管理や作業道開設・伐採計画などが立てやすくなりました。こうした新しい技術を積極的に導入し、川上から川下までの木材サプライチェーンにも参画しています。スギ、ヒノキの単層林の間伐を繰り返し、適切な森林管理をすることにより、その土地本来の種多様性のある森林環境づくりを目指しています。

三峰山の麓、三十槌の氷柱と同じ三十槌地区にあるなめこ栽培所。

自然に恵まれた環境の中、『祭なめこ』を生産し、埼玉県内及び関東近郊に出荷しております。

奥秩父大滝の水と空気で育った新鮮ななめこを是非ご賞味下さい。

 

よくある質問

・なめこに賞味期限はありますか?

弊社では期限を設けておりません。

なめこは野菜と同じ生鮮食品(農産物)です。

できればお買い上げいただいてからすぐにお召し上がりください。

​保存状態にもよりますが、スーパーで購入後3日程でお召し上がりになることをお勧めいたします。(冷蔵保管)

・なめこは洗った方がよいのですか?

そのまま加熱調理しても構いませんが、稀におが粉等不純物が入ることがあります。
不純物を見つけるためにも水道水でさっと洗うことをお勧めいたします。

・なめこは生で食べられますか?

必ず加熱してからお召し上がりください。

ボイル:沸騰したお湯に投入後30秒から1分 (なめこ100g使用)

電子レンジ:600W1分半~2分(ムラがあるので熱の通りを確認してください)(なめこ100g使用)

お問い合わせ

本社:埼玉県秩父市大滝963
工場:埼玉県秩父市大滝4014-2

TEL:0494-55-0070 FAX:0494-55-0007

Mail:info@kakunaka-chichibu.com

 

本社:埼玉県秩父市大滝963  工場:埼玉県秩父市大滝4014-2  TEL:0494-55-0070 FAX:0494-55-0007  Mail:info@kakunaka-chichibu.com